とある脳機能科学者と鈴木明子さんの意外な関係とは?Metisヘビロテループで全日本選手権初優勝!?

どんな人?

今年3月、さいたま市の世界選手権出場で現役引退を発表した元フィギュアスケート選手鈴木すずき明子あきこさん。愛知県は豊橋市、3月28日生まれの29歳。フィギュアスケート界からの引退が2014年3月29日。きっと20代最後の区切りとして引退を発表されたのですね。これからはプロスケーターとして、またメディアへの出演や執筆で活躍が期待されています。

最近どうよ?

今週15日土曜日の19時からTBS『炎の体育会TV』ではフィギュア選手の完全密着特集でそのゲストとして出演されます。6歳からスケートをはじめ実力から上位に入っていたが、高校時代には摂食障害から出場辞退をした経験も。そんな困難を乗り越え20歳代半ばから実力が各大会で発揮されはじめ、女神Metisは微笑みました。28歳で全日本選手権初優勝に輝いた実績があります。

このストーリーに共感される苦労人の方も多いかもしれませんね。そんな鈴木明子さんの経験が綴られた書籍が今年発刊されています。鈴木明子さん本人も読書好きであることから自分を描写するというアウトプットの方向に出てきたところに興味を惹かれます。

ひとつひとつ。少しずつ。中経出版

壁はきっと越えられる ―夢をかなえる晩成力プレジデント社

しかし、野良にはどうしても気になることが・・・ごめんなさい見た目の話なのですが、落ち着いた雰囲気と笑顔これはどこかで見たことがあるぞ!
あれっ!?苫米地博士!?

苫米地英人 博士

苫米地英人 博士

野良コメント〆
完全オリジナルのオチで〆てみたのですがいかがでしたでしょうか。関西はオチがないと厳しそうですからね!タイトル考えすぎたけどオチは頑張って関西流ですわ。そのほうが、おもろいやろ?

野良びと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!