鬼龍院翔ストレス過多?ライブやレギュラー番組に期待大の金爆!

鬼龍院きりゅういんしょうはヴィジュアル系バンド、ゴールデンボンバーVo-karuボーカル
未発売曲もあるゴールデンボンバーはライブを楽しみにしているファンの方も多いのでは!

今回はそんな鬼龍院翔について調べてみました!

鬼龍院翔のプロフィール

芸名:鬼龍院翔(きりゅういん・しょう)
愛称:キリショー
本名:一浦翔(いちうら・しょう)?
出生:1984年6月20日
出身:東京都浅草

木村カエラと同じ高校出身で同じクラスだったというのも面白いですね!

鬼龍院翔のエピソード

2014年は精神的なストレスがでへし折れそうだったと語るキリショー。そういえば、ブログ上でツイッターを退会したことなどを書かれていましたね。

引越し日程をツイートして炎上させた引越し業者も最低ですが、引越し業者に引越しの日程を暴露されたことを鬼龍院翔が知ったのもまたフォロワーからのツイートであった。
ツイッター恐るべし

最近ではNHK紅白歌合戦にも出演しているためか、全国レベルで有名になることでも変わりたくない自分の感性や生活スタイルといったものを大切に思う気持ちがあった模様。
しかし、とうとう「限界」がきてしまったという。ただ、30歳という節目を過ぎ、そういった変化をも自身の職業であるシンガーソングライターとしての表現に昇華していく方向で考えているようだ。

鬼龍院翔本人はそんなに辛かったのですね。楽曲からは想像できませんでしたが、素直で繊細なところがある人なのかもしれません。
昔の自分、今の自分という形で一度分けて整理しようとしているような印象を受けます。

でもライブはとにかく楽しい!ということで音楽活動をメインにこれからは新レギュラー冠番組『ゴールデン名曲劇場~木曜に金爆~』での活躍も要注目ですよね!
意外なことに業界人には「礼儀正しい」と評判のメンバーたち。いや基本バンドマンは礼儀正しいと思いますけど、バンドイメージからすると意外性があるということでしょうかね。

特に良いな!と思うところはPVでしょうか。独自の視点が入っていて本当に面白いですよね!韓流スター風、TMN風は音もほんとにそれっぽい。
でも馬鹿にしているというよりは、ちゃんと音楽的にも聴いていて良さも判っている上でデフォルメして楽しんでいる雰囲気になっている。
そういうところがゴールデンボンバーというバンドとマッチしていて魅力がでているのではないでしょうか。

ビジュアル的にも、『もうバンドマンに恋なんてしない』のキリショーなんてほんとにちょっとかわいくて女子力ありますよね!

おすすめのPV

ダンスマイジェネレーション
え、なにあれバブル?

女々しくて-K-POPバージョン-
音楽的にはちょっとだけどPVとして面白いです。

野良コメント〆
実像と虚像の間で悩むというのはなんだか私は理解できる気がします。気にしないというのはちょっと違うのですよねきっと。
ライブが楽しいというのは実像の鬼龍院翔でいられるからという面もあるのではないでしょうか。

素でいきたいけどイメージが先行してしまいそれがむしろ枷になるならば実像も虚像も変えればいいじゃない。
自分が自分だと思っている自分について悩むことは重要だけれど他人から見た自分もまた自分だとそれでいいじゃない。

野良びと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!