家入レオ、「人の無意識に、抵抗出来る言葉が欲しい。」と家出!?

おぉ、良いじゃん。そのままタイトルにしたら良いのに、公式ブログのブログのタイトルは『タイトル』という独特な面白さがある。他の記事のタイトルもまるで子供が遊んで歩いていったような、言葉数の少ないタイトルがコロコロと転がっている様な感じだ。”無意識に抵抗”という言葉はバックグラウンドがないと出てこないかなと思います。ユングやフロイトも読んでいるかもしれませんね。

どんな人?(プロフィール)

名前:家入いえいり稚菜わかな(レオ)
生年月日:1994年12月13日
出身:福岡県久留米市

生い立ちやエピソードは?

2012年から活動を開始、歌声にはビビっとくるものがありました。街中でも埋もれない強さがあるというかそのような新のある声です。
中学生の絶妙な13歳という時期に『15の夜』を聴いてしまう。尾崎が生きてたら、きっと悪戯っぽく微笑んでいそうなエピソードだ。

しかし強い、デビュー後発売された1stアルバムで突然の2位を獲得しそれが2週間続いた。今年の公演では17000人を動員するなど早くも貫禄が出てきている。
幼少期に親戚の家を転々としていた経験の影響で「愛なんていつも残酷でもう祈る価値がないよ」と唱えていたのだというから驚きを隠せない。

でも、そういう精神状態にいることを認識していたということでもあり根の強さがある。「凛として花一輪」という座右の銘も頷ける。
今日発売の『Silly』は8枚目のシングルで、次回、21日(金)25時~日テレ『ミュージックドラゴン』でスタジオライブが公開されます!
これは楽しみですね。

影響を受けたミュージシャンは?彼氏は?

尾崎豊YUIアヴリル・ラヴィーンなど。特にに尾崎の『15の夜』に影響を受けているとか。って男子か(笑)

男子といえば、彼氏はいるのだろうか。ライオンのような目をしているという意味もあるレオという芸名。
ライオンの目に睨まれた(笑)男は今のところ居ないようですが、やっぱり草食系男子が好みなのでしょうかネ!
冬はセンチメンタルになるという家入レオさん。男子チャンスかも!?

野良コメント〆
今日渋谷でゲリラライブがあったそうな。仕事で渋谷に居たけど逢えませんでした~(笑)
尾崎豊に影響を受けているとは今回の調べで知った意外な事実。世代が違っても音楽や言葉は伝わるのだな。

始めて家入さんの声を聴いたとき芯の強さというか印象に残る声で期待できそうだなと思っていました。
曲は知らないのだけど聞き流せない系の歌だと想像がつくため、回避しているのかも知れない。

野良びと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!