シンガーソングライターaiko、ミュージックステーション初出演から15年目となる節目

どんな人?

シンガーソングライターとして世代に関係なく知られ若い女性から特に人気のある aikoあいこ さん。以前からあまり外見が変わらず年齢不祥な感じですが、1975年11月22日の大阪府生まれ。38歳。本名は公開されている情報では柳井愛子さんというそうです。
プライベートでは母が家出しており、親戚の家を転々としていた時期があったり苦労している反面、音楽に置いては断固意思を曲げずに貫いてきた強い人でもあります。あの椎名林檎さんとはデビュー前からの親交があるそうですよ。しかし画面で見るとそう感じさせないですが、身長は152cmでしかも体重40kgくらい靴のサイズも21,5cmくらいと小柄な方なのでびっくりしました。

最近どうよ?

今年5月には、1年11ヶ月振りになる11枚目のアルバム『泡のような愛だった』をリリースされています。このアルバムタイトルにはご自身の経験が滲んでいるように思います。
ライブツアー『Love Like Pop vol.17』では11月中だけで5回とハードなスケジュールでしたが全公演無事終了したばかりで余韻さめやらぬ方もいるかもしれませんね!

来週21日の金曜20時から、テレビ朝日のMステこと『ミュージックステーション』にも出演されますが38歳最後の日、誕生日前日の放送になります。
ミュージックステーションつながりでみていくと、aikoさんが初出演されたのは1999年で、当時は『花火』がオリコンチャートに長期間ランクインしていました。
15年目という節目でMステに何か想うところはあるのでしょうか。トークコメントも楽しみですね。

野良コメント〆
歌手、作詞、作曲までトータルでこなせる人がシンガーソングライターであり、音楽にその人の生き様なりがやっぱ出てくると思います。aikoさんの曲や歌詞には共感する人も多くそれだけ色々な「引き出し」がある人なのかなと思います。aikoジャンキー(笑)と呼ばれるくらい好きになってしまうファンがいるのも頷けます。

プライベートでもやっぱり幸せになって欲しいと思うそんなイメージの人です。『大切な人』の歌詞は誰のことを歌っているのでしょうかね。わからんけど、恋愛が創作のパワーの一つになっていると、結婚して曲かけないとか先回りして考えるのかな。長期間交際していた国分太一さんは結婚願望が強かったようですが、複雑な家庭環境だから、音楽と自分とを乖離できる商業音楽じゃないから、結婚を難しくさせるのでしょうか。何も結婚が幸せとは限りませんが。。。

野良びと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!