中島健人の試行錯誤がSexyZone飛躍の鍵?ドラマも大学も!

中島なかじま健人けんとはアイドルグループSexyZoneのメンバー。今日放送されたザ少年倶楽部は視聴されましたか??
OK、大丈夫見逃しちゃったよという方は9日に再放送があるので要チェック!そして11日にも2014年をSexyZone飛躍の年としてフジテレビで密着ドキュメンタリーが深夜放送されます。

そんな躍進とまらぬSexyZoneの中島健人を今回は調べてみました!

中島健人のプロフィール

名前:中島健人(なかじまけんと)
出生:1994年3月13日
出身:東京都

2012年に明治学院大にアドミッションズ・オフィス入試で合格しているのですね!

中島健人(BAD BOYS Jより)

中島健人(BAD BOYS Jより)

中島健人(銀の匙 Silver Spoonより)

中島健人(銀の匙 Silver Spoonより)

中島健人のエピソード

誕生日を祝ってもらったことが素直に嬉しかったという中島健人。その名の通り?アイドルとはいってもやっぱり健やかなる人なのですね!
2014年には映画『銀の匙 Silver Spoon』の舞台挨拶で、2013年には日テレの『BAD BOYS J』撮影現場で祝ってもらったことが嬉しいと。

同じグループでもやれ「奪う」とか「センター」とか(笑)いろいろ人間関係の軋轢があるグループも存在するようですが、お互いソロ活動も多いのに
グループメンバーの佐藤勝利は中島健人のソロ追加公演を自分のことのように喜んでくれるという。喜びを分かち合えるメンバーっていいですよね!

ソロでの活躍もさることながら、グループとしての活動も2014年は濃厚だったと振り返る。
確かに、2ヶ月連続で『男 never give up』『君にHITOMEBORE』とシングルをリリースしておりこれは今までのSexyZoneにはなかった。

本当かどうかはわからないが、街中ロケではメンバーで街中を闊歩すると見られるけど「SexyZoneだ」という反応はあまりないのだそうです。
だからもし街中で中島健人を見かけたら「せせせ、SexyZoneだっ!」というときっと中島健人は喜んでくれるハズ!

それにしても、自分で自分にダメ出しをするのはSexyZone、とくに中島健人くらいではないだろうか。
某雑誌のコメントでテレ朝の『中居正広のミになる図書館』に出演した際、仕事の基本となる「伝えること」ができていなかった、甘かったとそう振り返っているのです。
歌詞を書くなどの形で思いを表現することと、バラエティーは違うのだということを認識したということのようだ。

これはなかなかできそうでできない。でもそのように認識した後、そこからまだまだ新米だと気持ちを入れ替えているところや「SexyZoneの中島健人です」と
挨拶をするなど形にして行動に移すということができるのはそれだけ伸びしろがあるのだなとキャパの広さを感じさせますよね!

野良コメント〆
壁ドンはもはや女子をおとすための固有名詞となりつつある印象ですね。エピーソードにも書きましたが中島健人が自身にダメ出しをしていて、
他者からのダメ出しも受け入れて成長しているのは実はSexyZoneとしての成長も促しているように思います。
シングルの連続リリースはこれまでにありませんでしたが、ちょっと考えてみてください。

そう、バラエティー番組『超潜入!リアルスコープハイパー』のテーマソングとドラマ『黒服物語』の主題歌ですよね!
つまり、歌詞での表現とバラエティー番組中での表現との違いを認識しつつも両方のフィールドでSexyZoneシングルをリリースした。実績を残したというわけですよ。

試行錯誤が最も良いものを生み出すための実は最短距離なのかもしれない。そんな風に思うのです。
そしてこういった成長の仕方でいつの間にかBIGになっているというのは大ありですね。

野良びと

スポンサーリンク

コメント

  1. […] と方向性を自覚している。 グループとソロは違う。ソロは答えを出せば良いがグループは自分だけではない。そういった認識は中島健人、菊池風磨とも言葉は異なるが口を揃えている。 […]

error: Content is protected !!