上田竜也ソロでも芝居やスポーツ界から学ぶボクサー何気に男気?

上田うえだ竜也たつやはアイドルグループKAT-TUNのメンバー。亀梨和也の人気も凄いが上田竜也も負けずグイグイときている。
2001年のNHK『ポップジャム』で堂本光一の専属バックダンサーとして結成されたKAT-TUN成長してます。

今回は上田竜也のコメントや語りから垣間見える男気について書いてみます!

上田竜也のプロフィール

名前:上田竜也(うえだたつや)
出生:1983年10月4日
出身:神奈川県

特技はボクシングと丸刈り?

上田竜也のエピソード

役作りのためにジャニーズながら丸刈りにするという根性がある。ボクサーらしいといえばそうなるか。
その役作りとはTBSドラマ『ランナウェイ~恋する君のために』の滝本空哉役で元ホストという設定だった。
役でのTwitterアカウントは datsugoku4 というユーザー名。実際に確認したところアカウントは存在しているがツイート非公開になっているようだ。
フォロー1、フォロワー1、ツイート6、うっはガチか(笑)

ジャニーズの中ではSMAPの中居くんのことを兄貴肌がすごい、いつ見てもカッコイイと持ち上げてますが、実際に『婚カツ!』というドラマの撮影現場ではお世話になったそうですよ!表に見せない努力、背中で語るそういった男気が美意識としてあるのではないでしょうか。

2014年は東京国際フォーラムから始まったライブツアー。素直に無事に終ってよかったと振り返っている。
12年前を思い出すこともあったかもしれませんよね!

ソロでは舞台『冬眠する熊に添い寝してごらん』には苦戦を強いられた模様。
芝居の世界で活躍する井上芳雄勝村政信らと仕事をしたことで得られた貴重な経験やTBS『炎の体育会TV』出演でもスポーツの世界で活躍する一流の面子には深い印象を覚えたという。収穫の多い年であったといえそうです。

そして、2015年の23枚目のシングル『Dead or Alive』ではイントロの緊張感が伝わる感じで楽しみだと振り付けの練習にも気合が入りそうだ。って1月21日発売だけど間に合うのでしょうか?
軽いようでいて、口数少なく感受性の強いところもある、上田竜也。少し話を聞いてもらったり逆に聞いたりできる気心の知れた友達は何よりも助けになると考えているようだ。

恒例にしたいという2回目のカウントダウン@大阪ドーム!アナタもう準備はできていますか?

野良コメント〆
外向と内向を兼ね備えたバランスでシリアスになりすぎず軽くもなりすぎずバランス感覚の高い人だなという印象を受ける。
ジャニーズというとユニセックスな感じすら受ける美形男子を連想するが以外に男くせぇ(笑)
これからもっと器が大きくなっていくのではないでしょうか!

野良びと

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 上田竜也のことはうえぴーと呼んでいるようだ。他のメンバーも口をそろえるが『Dead or Alive』はかっこいい曲に仕上がったと田口淳之介も満足な様子。 […]

error: Content is protected !!